CFD取引のマーケット

現在は、多様なベース資産 (証券、株価指数、通貨、商品、債券、派生商品等) に連動したCFD取引が可能になっている。

CFD取引は先進国の中でよく知られいる。レバレッジが利用できるので、この商品は機関投資家によりリスクヘッジのために、個人投資家とトレーダにより投機的利益のために使われている。

CFDはかつてロンドン市場で取引していた機関投資家の間で利用されていた取引を、90年代初頭に個人向けに公開された。

最小限の取引コスト、信用取引のメリットおよび早速な取引実施のため、CFD取引への興味が世界中に広まっている。

IFC Marketsは、業界最高水準のCFDラインアップを提供いたします。
IFC Marketsは、下記のCFD商品が取引可能です。


株価指数CFDでは、国内外の株価指数が売買できます。株価指数とは、分かりやすく言えば、複数の銘柄を選び出し、それぞれの株価の平均値を算出したものです。
日本では日経平均株価、米国ではNYダウなどが有名です。株価指数CFDといても特に驚くことはありません。NYダウは米ドルの動きを、ドイツDAXやイギリスFTSEはユーロやドルの動きに連動します。 円、ドル、ユーロ、ポンドなどの主要国の通貨の動き、日経225や中国株、欧州株、NYダウなどの株式の連動性をつかんでおくと良いでしょう。 法則性が良く見えてきます。
IFC Marketsは、株価指数の取引は手数料無料です。

証券CFDなら、世界中の様々な市場へ、リアルタイムで投資が可能。投資の選択肢の大きさが、その可能性を大きく広げます。小額の資金から、世界へのスケールの大きな投資が可能。さらに「売り」からも始められ、下落相場を収益機会に変えます。
証券CFDの各口座を開設することで、日本国内にいながらにして、国境を越え、時差を越え、リアルタイムで世界中の株価指数や個別株への投資が可能に。取扱銘柄は、世界の代表的な銘柄を幅広く網羅。東京市場が引けた後に、世界規模で市場を動かすニュースが発生しても、日本時間の夕方に開く欧州市場や、日本時間の夜に開くニューヨーク市場などに投資し、旬のチャンスをモノにできます。
IFC Marketsは、証券のスプレッドが業界最高水準です。

WTI原油先物やUKブレント原油、シカゴ コーンやNYコーヒー、さらにCO2排出権など、世界中の商品(コモディティ)に投資が可能。また話題性のある銘柄が随時追加され、お客様の投資スキルが、さらに発揮できるサービスとなっております。
世界各国の低金利政策が長期化し、インフレ懸念が商品市場を動かす一因にもなっています。また原油などの資源価格、金やプラチナなどの貴金属価格も、再び上昇中。さらに中国やインドの経済成長が、穀物価格にも影響してくる、とも言われています。
こうした世界経済のトレンドが反映される商品(コモディティ)へ投資できるのが、商品CFDです。さらに「CO2排出権」など話題性ある銘柄も随時追加。世界中の市場や銘柄へ、多彩な投資ができます。

Portfolio Trading
合併商品を自由自在に作り、安定して、稼ぐ!
革命的なポートフォリオ
分析・取引法が登場
詳細はこちら
10
以上
パートナーシップ トラスト コンビニエンス




なぜアイエフシー?