先物取引

CFD(Contract for Difference)とは、証拠金をベースとして現物株、指数、先物、通貨などを取り引きすることができる投資商品。CFD取引は直訳すると「差金決済取引」である。IFC Marketsは、CFD取引をリーダするブローカーであり、満期日に注目する必要なし合成先物を開発いたしました。満期日を考慮せず取引が登場!

株価指数と商品の合成先物は、リスク分散として投信などに中長期投資の資産として、需要があります。毎日膨大な金額が取引されるほど市場が大きく流動性が高い金融商品です。一般的にトレンドが長く続き、価格変動も比較的安定しているので、他の金融商品と比べてリスク管理がしやすいというメリットがあります。さらに合成先物は満期日もなく、満期日にギャップがありません。

株価指数先物

株価指数のCFD - DJI, SP500, Nd100, DE30, FR40, GB100, NIKKEIは満期日なし近先物を基にして下記の数式で計算されています。

«商品の相場» = «近先物の相場» - «価格指数値からの先物値の偏差».

商品先物

商品CFDは、満期日なしの合成先物の数式は異なります。オイル相場は、 Light Sweet Crude Oilの2つの近い先物の相場に基いています。

OIL = F1 * T1 / T + F2 * ( T - T1 ) / T

F1 – 近先物の相場;
T - 物の満期日の間の期間(オイルは30日);
T1 – 先物の有効時間;
F2 – 2つの先物の相場;


同じく、満期日を考慮せず流動性の高く、最も近い先物をもとにして商品の相場が算出されます。

IFC Markets独自開発 - 株価指数先物 | 商品先物取引のメリットをご評価下さい。




なぜアイエフシー?