FXレバレッジと証拠金取引に関して

Margin Trading

今日、証拠金取引のおかげで、誰でも為替取引市場に簡単にアクセスし、FXブローカーが提供しているレバレッジやクレジットを利用し、取引ボリュームの一部だけの証拠金で大きなポジションを持つことが出来ます。

レバレッジとはブローカーが提供するクレジット額対顧客の資金の割合を考えられます。普段顧客が利用できる金額は顧客の資金より何倍ほど多いです。

FX レバレッジは固定されていません。各ブローカー企業にて決定されます。 IFC Marketsは1:1 から 1:400 (400倍)までのレバレッジを提供しています。普段、FX・為替市場では100倍のレバレッジは一番最適です。例えば、$1000を入金し、レバレッジが100倍の際、取引可能な金額は$100.000となります。すなわち、レバレッジのおかげでもっと大きい取引することが出来ます。従って、小額の資金の持っている投資家は入金額だけ大きいポジションをもてないので証拠金取引 (すなわちレバレッジの利用)、を好みます。

レバレッジは魅了的であり、その同時に高いレバレッジはリスクも高いので最も人気のfx レバレッジ現在100倍となっています。FXレバレッジは大きいレバレッジを利用し、損のことを考えずに簡単に稼ぎたいと考えいている投資家に非常に大きな問題を引き起こす可能性があり、初心者にとってリスクは高いものです。

しかし、FX レバレッジの負の影響を回避することは可能です。最大のレバレッジを利用し、最大の取引量を持つのは論理的ではありません。もう一つの方法はストップロスを使い、リスク下げることです。



口座残高は$1000と100倍のレバレッジの場合を考えてみましょう。投資家はEURUSD通貨ペアの10000単位買い取引をすることを決定しました。ポジションを相場が1.0950の時オープンし、ストップロスを1.0850で設定しましょう。この取引に必要な証拠金は€10 000 x 1/100 x 1.095 = $109.50となります。証拠金計算はこちらから簡単に出来ます。相場が損の方向に向かった場合は、投資家のロスは$100となります。ストップロスを使わない場合、損は100$超える場合があります。 ストップロスはロング・ショートポジション両方の場合使えます。投資家がそのレベルを決定しますので、これはオンライン取引において最も最適なリスク管理ツールです。

fx初心者はレバレッジを何倍から始める?初心者向けガイド

思惑通りにいけばハイリターンが望めますが、その分ハイリスクでもあるレバレッジ。ちょっと為替レートが変動するだけで証拠金が不足してしまうことも場合によっては有り得ます。そんなリスクも考え最初は、初心者のうちは、2~3倍程度から始めたほうがいいでしょう。またレバレッジは1倍からでもかけられます。FXではスワップポイントでの利益も望め、手数料も安いので、レバレッジ1倍でも充分有利な取引が可能です。



なぜアイエフシー?