FX市場の仕組みと市場参加者に関して

外国為替市場には、金融機関(為替ディーラー)、外為ブローカー、ヘッジファンド、顧客(個人、一般企業)、中央銀行などが参加しています。外国為替市場は、「インターバンク市場」と「対顧客市場」の2つに分かれており、参加者によって取引する場所がそれぞれ異なります。

インターバンク市場では、大手銀行(有力銀行)と外為ブローカーが外国為替取引において大きな役割を果たしています。

対顧客市場(全世界)では、個人から法人まで様々な参加者が多様な取引を行っています。

外国為替市場の参加者は、為替取引で利益を出そうとする「投機筋」と、実ビジネスで為替取引の必要性のある「実需筋」の2つに分けられます。

投機筋:金融機関、機関投資家、ファンド、個人投資家

実需筋:輸出業者、輸入業者、一般企業

外国為替市場では、為替レートの値付けをする「マーケットメーカー」と、その値に対して取引をする「マーケットユーザー」の2つに分けられます。

マーケットメーカー:銀行、FX会社(対個人)

マーケットユーザー:全て(一般企業や個人も含まれる)

中央銀行

国の中央銀行(米国の連邦準備銀行)は FX 市場で重要な役割を果たしています。主たる金融監督官庁としての中央銀行の役割は、価格の安定と経済の成長を達成することにあります。それを行うために、公定歩合および準備金の要件を設定することにより、経済における全通貨の供給量を規制します。また、市場の条件や外国為替レートに影響をあたえるためめに活用する国の外国通貨保有量を管理します。

商業銀行

商業銀行は、日々処理する取引の量が大きいため、FX 市場に流動性をもたらします。この取引の内訳は、顧客のニーズに対応する外国通貨の換算であり、投機目的で銀行の自己取引デスクが実行するものです。

金融機関

機関投資家、投資ファンド、年金基金、証券会社などの金融機関は、顧客のための最良の投資機会を求める義務を果たすため、外国通貨を取引します。例えば、国際的な株式のポートフォリオマネージャーは、外国の株式の売買を行うために通貨取引に従事しています。

ヘッジファンド

ヘッジファンドはレバレッジを活用した多様な種類の資産で投機的な取引を行う個人の投資ファンドです。マクロヘッジファンドは、FX 市場で取引の機会を求めています。彼らは国やその国の通貨に影響を与える問題点を精査するマクロ経済分析を行った後に取引を行います。彼らは大規模な流動性をもたらし、積極的な戦略を実施するため、FX 市場の原動力への主要な貢献者であると言えます。

企業

それは外国の取引先との輸出入に従事する企業です。その主たる事業は、商品を取引する上で外国通貨の売買を行う必要があり、その結果、通貨のリスクにさらされています。FX 市場を通して、企業は通貨を換算し、将来の変動に対してヘッジをかけます。

個人

個人のトレーダーや投資家は将来の外国為替レートを投機的に判断して利益を上げるために自己資金で FX 取引を行います。彼らは主に、狭いスプレッド、即座の執行、そして非常にレバレッジのかかった証拠金口座を提供する FX プラットフォームを通して、資金を運用します。

上に戻る

10
以上
パートナーシップ トラスト コンビニエンス

  • 最高の約定スピード
  • 幅広い商品ならび
  • 大口注文
  • ポートフォリオ取引

    GeWorkoモデル

弊社独自の取引プラットフォーム


ポートフォリオ取引法 合併商品は 自由自在にお作り可能
当社のみご提供!



なぜアイエフシー?