市場概観 - ページ 4

米国市場は月曜日に8月の米国の住宅建築業者の信頼が公表され上昇しています。このデータは2006年後一番強い数値を表しています。ドルは今週上昇しています。中国ユアンがおちつき、米ドルインデックスは0.3%上がりました。 S&P 500は0.5%上昇し、健康と消費セクターが一番増加しています。バイオテック株式は一番増加しています。

木曜日に米国株式は下落し、ドルは若干上昇しました。投資家は早く中国ユアンにおける心配がおちついてほしいです。そのおかげでまた利上げの可能性がでてきました。9月17日あるFRBの会議でそれが予想されています。ICE米ドルインデックスはあがりました。昨日米国経済データは強かったです。小売り販売は7月に0.6%上昇しました。失業者数も徐々によくなってきています。従って、米国金融会社・銀行の株式は上がってきました。Goldman Sachsは+3,5%上昇しました。

中国中央銀行がユアンを切り下げましたが米国市場は上昇しています。投資家はFRBが利上げを遅れることになるという考えでドルは落ちていました。ICE米ドルインデックスは1%落ちました。 CME GroupのFedWatch toolによりますと、Fed ファンド先物トレーダーは9月の利上げの可能性を45%から39%に下げています。S&P 500は1.98ポイント又は0.1%上昇しました。Apple 株式は1.5%上昇しました。今日日本時間18:30時に7月の小売販売データが出ます。

米国市場は火曜日に中国の人民元を1.9%切り下げた結果下落しています。ドルは最初若干上昇しましたが、今日それは急落しています。S&P 500 は1%落ち、2084.07でのクローズとなりました。主な赤字は材料セクターでした。Appleは 5.2%急落しました。同社売上げ27%は中国における売上げです。General Motors と Tiffany & Co.はそれぞれ2.1%下落しました。Freeport-McMoRanは12%急落しました。今日日本時間19:00時に住宅ローンの申し込みデータが公表されます。22:00時に7月求人と労働移動の要約レポートが公表されます。22:30時に米国の原油在庫がエネルギー情報局によって公表されます。

金曜日に米国株式市場は下落し、米ドルインデックスは若干上昇しました。市場が雇用統計データに反応しました。失業者は7年ミニマムの5.3%で変更しませんでした。新しい雇用予想より低かったですが、市場投資家殆どは雇用が20万以上であれば、それが米国経済の成長を示していると信じています。スワップを見ますと全体的に9月のFOMCでの利上げの可能性は52%となっています。それは申し実現するなら2006年の後始めての利上げとなります。利上げは米国企業のクレジットコストを高めます。それが株式市場にとって望ましいことではありません。S&P 500は先週1.2%下落し、現在今年明けより1%くらいの成長に達しています。総合P/E比は現在16.6となっています。それは10年平均の14.7より高い数字です。今日米国から重要な経済データの公表はありません。

木曜日に、米国株式市場は下落しました。その主な原因はメディア企業のViacom(-14,2%)とWalt Disney (-1,8%)の弱い四半期レポートでした。それに続きTime Warner, Comcast, CBS、Twenty-First Century Foxの株式も赤字となりました。Tesla (-8,9%)、Keurig Green Mountain (-30%)などの予想を達してない企業そのほかにもありました。今日米国で日本時間21:30時に雇用統計が公表されます。我々は強いデータを予想しています。市場参加者は22.5万を期待しています。

米国市場の多くの株式は水曜日に黒字でのクローズとなりました。特に、テクノロジーセクターは成長をリードしました。米ドルは対した変更はしていません。6つのメジャー通貨に対し米ドルの価値を表すICE米ドルインデックスは火曜日のクローズプライスより変更はなかったです。S&P 500 は0.3%、Nasdaq Composite は0.7%増加しました。しかし、Dow Jonesはエネルギー企業や9.2%急落したDisneyの影響で0.06%の若干赤字となりました。 投資家はNon-Farm Payrolls(雇用統計)の前にポジションをクリアしていることを考えられます。それがFRBは9月かその後か、いつ利上げをするのか明確にします。ADP データによりますと6月の22.9万人に比べ、7月の雇用は18.5万人増加しています。

金曜日に世界株式市場は落ちています。その原因は米国や欧州における弱い経済データかもしれません。新しい住宅販売は、6月に7ヶ月間の最低、6.8%下落しました。EU、ドイツ、フランスの業界における事業活動の7月指標が予想以上に減少しました。結局先週S&P 500は2,2%、Dow Jonesは2,9%、Nasdaqは2,3%落ちました。米ドルインデックスは金曜日に落ち、ユーロに対しても下落しています。

米ドルインデックスは今週たいした動きはなかったです。今週はマクロデータは少ないですが、来週から結構多いです。

水曜日に米国市場は大手企業における予想より弱い四半期レポートで赤字となっています。既存の住宅販売は増加は予想を超え、ドルは上昇しています。ICE米ドルインデックスは0.2%上がりました。S&P 500は0.2%落ち、その中半分のセクターは赤字でした。Nasdaq Compositeは0.7%落ちました。Appleは四半期の期待に達せずに4.2%落ちています。Microsoft はWindowsの需要減とNokiaの買収に75億ドル評価損影響で3.7%落ちています。マイクロソフト、IBMとIntelの不本意な実績は、企業が低いIT支出を示しています。ボーイング株は1%の増加となりましたが、四半期ごとの利益がアナリスト予想を逃したヤフーの株式は1.2%落ちています。今日GM, McDonalds, Amazon.com, AT&T, Starbucks Corp and Visa Incの四半期レポートが公表されます。

10
以上
パートナーシップ トラスト コンビニエンス

ポートフォリオ取引法 合併商品は 自由自在にお作り可能
当社のみご提供!




なぜアイエフシー?