市場概観 - ページ 8

水曜日に米国市場はギリシャーがEUメンバーと救済資金を可能とする契約のドラフトを作成中というニュースでリバウンドしています。レポートは後で反論しました。S&P 500は0.9%上昇し、その前のセッションのロスを復活しました。指数の黒字の主な原因はテック企業でした。チップメーカーのBroadcomは、アバゴ·テクノロジーにより買収される交渉を進めていたニュースで21.8%急増しました。アバゴは7.76%上昇しました。Gilead Sciences は2.45%上昇し、S&P健康指標益を導きました。今日CET15:00時に4月住宅販売保留が公表されます。

火曜日にほとんどの米国のインデックスは赤で閉鎖され、ダウ·ジョーンズだけはわずかに上昇しました。 S&P500は、成長の三日間の連続を終了し、0.1%落ちました。Dow Jones Industrial Averageは0.1%上昇し、2回連続のハイをたしました。4月の米国住宅データは20.2%増加し、2007年後半以来の高水準にたし、住宅許可が急騰しました。住宅着工件数の急激な増加は、投資家にFRBは金利を引き上げる心配与えています。取引量は平均の6%以下で59億株でした。ドルは正の住宅レポート後、1.1%上昇しました。 今日CET12時の住宅ローンのアプリケーションデータが米国でリリースされます。 CET19:00時に連邦準備制度理事会は、4月28-29 FOMCの議事録をリリースします。

先週の弱いデータの影響で投資家がFEDが近いうちに利上げはしないと信じ、月曜日に米国市場は上昇しています。S&P 5000.3%上昇し、三回連続の2,129.2ポイントにたしました。米国経済の第1四半期における0.2%の成長や低迷賃金の伸びの次、投資家はすでに利上げの期待を延期しています。シカゴ連銀社長チャールズ·エヴァンスはおそらく早い2016年まで金利の引き上げを開始することは適切ではないだろう、と述べ、これらの期待を強化しました。 弱い経済データにもかかわらず、米ドルは利回りの影響で上昇しています。ドル指数は0.9%上昇し、93.9550にあがりました。 今日CET13:30時に米国で4月の建築許可のデータが公表されます。仮の見通しはドルにとって肯定的です。

金曜日に、米国証券取引所はたいした動かなかったです。米ドルは少し上昇しましたが、弱いマクロ経済データの発表後安値近くでクローズとなりました。5月のミシガン消費者信頼感の予備的指標は予想より弱く、昨年10月依頼の最低の数値でした。 今投資家は、前年同期比4.6%の経済成長に対し、今年は2.5%のGDP成長を期待しています。 このような統計を背景に、市場はFRBが9月までレートを上げないと信じています。 2月には、ほとんどの市場参加者は、米国経済が今年は3.2%成長すると予想していました。現在は今年の予想は2.4%です。我々は米ドルが市場参加者のFRBがいつ利上げするのかという判断に基づき動くと信じています。 明日米国大手企業Wal-Mart и Home Depotレポートが広報されます。

木曜日に、失業者数が15年の低速に落下を背景に米国の株価指数は上昇しました。米ドル指数の4ヶ月の低速への低下おかげ、S&P500が過去の最大値を更新しました。 Nasdaq Compositeの増加は、1月以来の高水準でした。市場参加者は、米ドルの弱体化は、米国企業の競争力を高めると信じています。4月に生産者価格の弱い成長ドルの下落に繋がりました。現在、投資家は2015年に連邦機関レートハイキングの確率を50/50と考えています。今日CET15:15時に4月の米国工業生産はリリースされます。CET16:00には5月のミシガン消費者信頼感の予備的指標を公表されます。

水曜日に商務省は4月小売売上高の予想0.2%に対しフラットデータ公表の次米国株式は債券市場が動かなかったです。 S&P 500は2,098.48でクローズしました。 米国GDPの3分の2を占める、弱い小売売上高は、全体の経済が回復していないことを示しています。安価な食品や工業用品は、高いエネルギーコストをオフセットとして輸入価格は、第10ヶ月連続で落ちています。水曜日に、ドルが最近に最低のレベルまでおちました。ICE 米ドル指数は 0.9%落ちていました。今日 13:30 CETに4月の生産者物価指数が公表されます。

米国株式は債券市場の急落の影響で火曜日に落ちています。高いyieldは企業のクレジット・借りのコストを高めるということで米国株は10年債利回りが半年間ぶり高をたした結果下落しています。 S&P 5000.3 %落ちています。主な8セクターは赤字となっています。ICE ドル指数は0.6% 落ち、 94.40となっています。

米国株式は金曜日の雇用統計の結果上昇し、月曜日に落ちました。米国の経済成長は、第1四半期に減速した後に回復し、9月に金利の可能性を高めています。株式の高評価と利上げの見通しは投資家に不安をかけています。投資家は、ギリシャの債務交渉の進展と中国の成長鈍化についても懸念しています。S&P 500 0.5%落ちています。すべての10主要セクターは下に向きましたが、エネルギー業界は2%下落し、一番赤字となっています。.

米国株式は経済データや弱い企業収益の影響で前日の損失を拡張しています。 S&P 500は10セグメントの中9セグメントが赤字となり、0.5%落ちています。原油価格の高騰は、エネルギー株を引き上げました。ADPデータによると、4月米国経済は期待の20万に対し、16万9千だけ民間部門の雇用たした結果、投資家はそれがNFPの雇用時計につながり、結局利上げが遅れると心配しています。ICEドル指数は0.7%、94.40までに下落しています。

商務省が第1四半期の景気後退ことを示している3月の貿易赤字を公表した結果、米国株式は7年ぶりの下落しました。S&P 500は1.2%おち2日得た黒字をなくしました。西海岸の輸入のポートでのストライキが終了した後、貿易赤字は51.4ドルに43%急騰しました。ドルはほかの通貨に対し落ちています。同時にサービスPMIは5ヶ月最大の増加となっています。投資家は雇用時計(Non-Farm Payrolls)に期待しています。

10
以上
パートナーシップ トラスト コンビニエンス

ポートフォリオ取引法 合併商品は 自由自在にお作り可能
当社のみご提供!




なぜアイエフシー?