キプロスの次はスロベニアか-救済要請と預金ヘアカットの危険

3/28
キプロスに続いて、スロベニアが救済を要請する次のユーロ導入国になるという懸念が投資家の間で高まり、緊縮策を継続するとの政府の約束にもかかわらず、国債利回りの上昇に歯止めがかからない状況が続いている。 今月就任したばかりのブラトゥシェク首相は27日の議会演説で、弱体化している銀行と財政の立て直しを行うと表明し、同国がキプロスに続いて欧州連合(EU)と国際通貨基金(IMF)の支援を求める国になることはないと強調した。しかし、支援を回避する具体策は示されず、指標となるドル建て2022年満期国債の利回りは過去最高を記録。債券市場から資金調達を続けたいスロベニアは苦しい状況に追い込まれた。 スロベニアのドル建て22年満期国債利回りは27日に過去最高の6.382%に達した。ブルームバーグが集計したデータによれば、28日午後5時20分時点では6.05%に低下している。スロベニア国債の保証コストを示すクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)のスプレッドは93ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)拡大して411bpとなっている。
【重要な注意事項】

本レポートは、当社の親会社であるアイエフシーマーケットが作成したものの邦訳です。本レポートには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本レポートは、アイエフシーマーケットが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。)を被った場合でも、一切の責任を負いません。

10
以上
パートナーシップ トラスト コンビニエンス

ポートフォリオ取引法 合併商品は 自由自在にお作り可能
当社のみご提供!




なぜアイエフシー?