ユーロはほぼ横ばい、ギリシャ懸念続く

6/21
ユーロはほぼ横ばいで推移したが、ギリシャの債務問題が依然として未解決となる中、投資家は慎重な姿勢を崩さなかった。ルクセンブルクで開かれたユーロ圏財務相会議で、ギリシャが必要とする資金調達に関する長期的な合意に達しなかったことを受け、ユーロは下げ圧力を受けた。 これを受けて、ギリシャ政府に焦点が移った。ギリシャでは21日に重要な信任投票が行われ、翌週には評判の悪い緊縮財政案に関する投票が行われる。この政策案が可決されなければ、ユーロ圏が混乱に陥る可能性がある。欧州連合指導者らが財務相会合で、最も深刻な財政難に陥ったユーロ圏加盟国に生命線を提供する欧州金融安定化ファシリティーの4,400億ユーロへの拡充を合意したことを受け、ユーロは下げ幅をやや解消した。 フランスは、ギリシャ国債がデフォルト(債務不履行)に陥った場合の影響について話し合うため、先進7カ国(G7)の間で2回の電話会議を実施し、ギリシャのデフォルトあるいは債務再編はユーロ圏以外にも影響を及ぼしかねないとの懸念を裏付けた。欧州の指導者らは、膨らみ続けるギリシャの債務問題を解決するため「一連の政策」を成し遂げなければならない。「目標は世界の金融システムの機能を保つこととユーロ圏の結束を維持することだ」とウェブマン氏は語った。 一方、20日に発表された日本の5月の貿易収支では、輸出の大幅減が明らかになったことから、円は全面安となり、安全逃避通貨としてのプレミアムの一部を失った。ギリシャ危機が迫り、米経済指標が景気減速を示唆する中、円やスイスフラン、ドルなどの安全逃避通貨は恩恵を受け続けている。
【重要な注意事項】

本レポートは、当社の親会社であるアイエフシーマーケットが作成したものの邦訳です。本レポートには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本レポートは、アイエフシーマーケットが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。)を被った場合でも、一切の責任を負いません。

10
以上
パートナーシップ トラスト コンビニエンス

ポートフォリオ取引法 合併商品は 自由自在にお作り可能
当社のみご提供!




なぜアイエフシー?