マーケットセンチメント - ページ 7

米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したデーター(4月15日までの週)によると、通貨市場には大きな変更が生じていないと。ユーロ対ドル相場は買い圧力が強まった。ユーロは主要通貨の上昇の中、弟2位の伸びとなった。 同時に日本円 の下落は先週比そんなに大きくないが、-84.4億ドルのネットショートはまだ最大。それに、は20.29億ドルの最大の上昇を示した。


また、カナダドルは安。売りの勢いは少し強くなって、ネットチョーとは-32.2億ドル。...
米商品先物取引委員会(CFTC)が4月8日に発表したデーターによれば大部分の通貨の相場には大きな変更がないと。 デフレーションの恐れを受け、ユーロ対ドルの買いの勢いは弱まってきた。ユーロドル安は主要通貨の中最大の下落となった。 日本円のネットショートは-173億ドル。それにはロング/ショートレシオが最低になった。しかし、先週比少し上昇して、来週に上昇も可能。


カナダドルも下落。ネットショートは0.21兆ドル減、3.14兆ドルになった。同時に、...
米商品先物取引委員会(CFTC)の最新データーによると通貨相場に大きな変更がない。ユーロ圏はデフレに陥るリスクを見込み、ユーロ対ドルで安。しかし、ユーロ対ドルのネットロングのポジションはまだ最大。日本円のネットショートは20.27億ドル増加、100.68億ドルとなった。しかし、はロング/ショットレシオが最大。下落のトレンドがまだ強いと裏付ける。


カナダドルは続落、ネットショートは0.38兆ドル伸び、3.35兆ドルとなる。英ポンドの買い圧力は対ドルで0.42兆ドル増加。オーストラリア・ドルの売りがまだ強いが、ネットショートは0.45兆ドル。...
米商品先物取引委員会(CFTC)の週間建玉報告によると、ユーロ対ドルでのネットロングはFOMCは過去3会合連続で債券購入の縮小の減収の背景に下落。カナダドルのネットショットは30億円へ減収。カナダドルは、ロング/ショットレシオが最大で、ネットポジションはショットからろんづへ変更可能。


日本のネットショットは84億ドルへ増加。英ポンドのネットロングは対ドルで上昇。

米商品先物取引委員会(CFTC)の週間建玉報告によると、先物トレーダーは円が対ドルで下落するとの見方を弱めた。ヘッジファンドなど大口投資家による円のネットショート(売り越し)は18日時点で6万1099枚。前週は9万9356枚だった。ユーロスイスフランのネットロングが先週も増加。カナダドルは対米ドルで$6.3に減収。


英ポンドのネットロングは変更なし。豪ドルの売り越しポジションは変更なし。


カナダ・ドルは対米ドルで0.2%上昇した。豪ドルは対米ドルで0.5%上げた。...
3月11日までのCFTCレポートによると、ユーロの上げセンチメントは新高値へ上昇。スイスフランは今週も上げ相場だ。英ポンドは米ドルに対して抵抗線の1.6777へ近いて、ネット買いポジション23億円まで減収。


日本円の売りポジションは$12.07まで上昇。 カナダドルの売りポジションは減収。豪ドルは変更なし。


欧州の政策金利が据え置いたので、ユーロはネットポジションは今週最も大きく変更し、63億円まで上昇。ユーロドル相場は抵抗線1.3832を破壊。...
3月4日までのCFTCレポートによると、ユーロの買いポジションが反発し、英ポンドの買いポジションも大きくなった。スイスフランのポジションも買いのままだ。日本円の売りポジションは$9.7まで減収し、カナダドルは$0.65へ小さくなった。豪ドルの売りポジションは$3.7まで上昇した。


ユーロのネットポジションは今週最も大きく変更し、40億円まで上昇した。買いポジションの反発が続くのは可能となる。英ポンドは買い・売りポジションの割合は最大だ。...
先週のCFTCレポートによると、 ユーロ英ポンドなどの欧州通貨の買いポジションが大きくなりました。スイスフランのポジションが再度ロングとなりました。日本円の売りポジションがちょっと大きくなりました。 豪ドルカナダドルの売りポジションが35億ドルと52億ドルまで下落しました。


ユーロはネット買いポジションは23億ドルまで反発しました。英ポンドは上げ相場で、買いポジション30億ドルです。


先週のCFTCレポートによると、投資家はユーロのポジションを変えたが、他の通貨のポジションが変わらず。

週間の日本円のポジション変化を見ると、引き続き売りのポジションが変化しつつある。ネットポジションは今95億ドル。円に相次ぎ、ユーロ。

結論としては、豪ドルカナダドルに対するベアセンチメントが抑えられたと言える。同時に、英ポンドがポジティブな動きを継続しようとしている。

CFTC Sentiment vs Exchange Rate

Net Long or Short Positions

Weekly Change in Net Long or Short>

Long or Short Ratio

最新のCFTCレポートにより、新興国の資産が販売されてからユーロは対米ドルで上昇方向へ転換した。ユーロの買い越し幅は24億ドル、英ポンドの買い越し幅は22.9億ドル。その他通貨は対ドルで売り方向に傾いている。「LONG/SHORT RATIO」比較テーブルの数字を参照。

週間の変更幅を考察すれば、ユーロと円の変更が際立っている。トレーダーが資産を円に変換し、豪ドルのポジションを閉鎖した。資産が新興国からイギリスと欧州の経済に流出した。...
10
以上
パートナーシップ トラスト コンビニエンス

ポートフォリオ取引法 合併商品は 自由自在にお作り可能
当社のみご提供!




なぜアイエフシー?