ストキャスティクス (Stochastic) をご紹介


考え方

Stochastic はオシレータです。%K 線と %D 線と呼ばれる 2 本の線から構成され、期間の長さを指定する n と m という 2 つのパラメータで制御されます。%K と %D の両線とも、0 から 100 の範囲にプロットされます。両方とも、引け値と選択した期間の長さの合計価格範囲との関係を測定するものです。

使い方

スロー・ストキャスティクスの使い方:

  • 【買いシグナル】・%D・スロー%D共に20%以下の時に、%Dがスロー%Dを下から上抜いた時 ・逆行現象:強気の乖離(ブリッシュ・ダイバージェンス)
  • 下落トレンド終焉示唆。価格は下落しているものの、ストキャスティクスが保ち合いから上昇に転じている場合
  • 【売りシグナル】・%D・スロー%D共に80%以上の時に、%Dがスロー%Dを上から下抜いた時 ・逆行現象:弱気の乖離(ベアリッシュ・ダイバージェンスBearish Divergence)
  • 上昇トレンド終焉示唆。価格は上昇しているものの、ストキャスティクスが保ち合いから下落に転じている場合

ファスト・ストキャスティクス:

  • 【買いシグナル】・%K・%D共に20%以下の時に、%Kが%Dを下から上抜いた時
  • 【売りシグナル】・%K・%D共に80%以上の時に、%Kが%Dを上から下抜いた時

Fast と slow の stochastics には、次の 2 つのパラメータしかありません。

  • n - %K 線の計算での期間の長さを指定します
  • m - %K 線の平均での期間の長さを %D 線について指定します

ストキャスティクス取引戦略

ストキャスティクスシステムは上昇トレンドでは終値が価格帯の上端近傍になる傾向、下降トレンドでは終値が価格帯の下端近くになる傾向観察に基づいています。

このシステムでは%Kと%Dの二つの線を使用します。K線はより早い、D線はより遅い線を表します。この二つの線は0から100の縦軸で振動します。大きな信号はD線と現時点の相場の発散になります。D線が80を超え、上昇している2つの減少のピークを形成しますと、それがBearish発散になります。D線が20を下回って上昇している2つの上昇ボトムスを形成しますとそれがBullish発散の始まりとなります。従って、K線がD線を横切ますとそれがそれぞれBuy(20)かSell(80)のシグナルとなります。

ストキャスティクス = 100 x ((C – L)/(H – L));
ここで、CP = 直近の引け値、n = 期間の長さ、Ln = 直近 n 期の最低アスク価格、Hn = 直近 n 期の最高ビッド価格となります。%D 線は、%K 線の m 期単純移動平均です。

C – 最後クロスの価格
L – 安値
H – 高値

はどう利用すればいいですか?

IFC Marketsが提供する取引ツールをダウンロードして、インジケーターをご利用下さい。

NetTradeX取引ツールにの使い方についてビデオガイドをご覧下さい(英語のみ)。

インジケーターの使い方について詳しくは こちらです。

10
以上
パートナーシップ トラスト コンビニエンス




なぜアイエフシー?