EUR USD テクニカル分析 | EUR USD 予想

  • テクニカル分析を表示:
  • 昨日
  • 三日間
  • 一週間
  • 一ヶ月間
  • 全部

本日は、ユーロ・ドル相場の4時足チャートを分析してみましょう。ユーロは対ドルでサポートライン1.09186を破壊して、ユーロ安・ドル高が進行。RSI-Bars指数は下げ相場を確認。

ギリシャが30日に国際通貨基金(IMF)に17億ドル(約2080億円)を返済しない場合にデフォルト(債務不履行)とみなすかどうかをめぐり、ほぼ全ての関係当事者は態度を表明しているが、最も重要になる欧州中央銀行(ECB)だけは立場を明らかにしていない。約890億ユーロ(約12兆円)の緊急流動性支援(ELA)を通じてギリシャの銀行システムの存続を支援しているECBは、IMFへの不払いをどう分類し、どう対応するかについて説明していない。ECBの報道官は29日、ECBの取る立場についてコメントを控えた。ユーロは対ドルで1.11299まで反落して、1.11299-1.12373レンジへ戻った。

ユーロ離脱が現実味を増す中、ギリシャは29日未明、国内金融システムの崩壊回避で銀行閉鎖と資本規制導入を発表した。 ユーロはドルに対し、1ユーロ=1.0955ドルと、6月1日以来の安値。下げ幅も1月終盤以降で最大となった。 抵抗線は 1.12339にある。Parabolic指数は下げ相場を確認。RSI-Bars指数も27%の下に反落。

本日は、ユーロ・ドル相場を分析してみましょう。相場は4時足チャートのトレンドラインを下回ったので、ユーロ安・ドル高が進行。本日は、欧州委員会が終わるので、相場が反落可能です。ParabolicSAR指数は下向きに推移。RSI-Bars指数は、サポートライン38%を下回るので、下げ相場を確認。

本日は、ユーロ・ドル相場を分析してみましょう。ギリシャのチプラス首相が債権者側に示した新提案に、欧州の当局者らは22日の緊急首脳会議を控えて慎重ながらも歓迎の意を表明した。ブリュッセルでの首脳会議の開始前にチプラス首相は債権者側の代表らと会談する。欧州連合(EU)のトゥスク大統領と会談し、その後に欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事、ユンケル欧州委員長、ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)のデイセルブルム議長も加わると、ギリシャ首相府が電子メールで発表した。

米連邦公開市場委員会(FOMC)が米東部時間17日午後2時(日本時間18日午前3時)に発表する声明の注目点は以下の通り。同声明とともに経済予測も公表される。イエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長は午後2時半に記者会見する。ユーロ・ドル相場は4時足チャートよりFOMC声明の前に横ばいに推移。RSI-Bars指数は、下げ向きチャネルを示す。しかし、サポートラインが破壊されなかった。

本日は、ユーロ・ドル相場を分析してみましょう。相場は4時足チャートの抵抗線と1日足チャートのサポートラインの間にあり、横ばいに推移。RSI-Bars指数は下げ相場に推移。ParabolicSAR指数も下落。

本日は、ユーロ・米ドル相場を分析してみましょう。 米ドルは対ユーロで米雇用統計発表を受け上昇を開始。火曜日には、ユーロが1.5%安。

ユーロ・ドル相場は、ユーロは対ドルで1日足チャートより続伸を完了。ギリシャは12日が期限の国際通貨基金(IMF)への約7億5000万ユーロ(約1000億円)の返済を履行する。ギリシャのバルファキス財務相は支援プログラムの最終分の融資を獲得するために必要な譲歩の用意があると債権国側を説得した。ユーロは過去3カ月2.8%安と、調査対象となっている先進10カ国通貨の中で最もパフォーマンスが悪い。年初来では主要16通貨のうち14通貨に対して下げている。

本日は、ユーロ・ドル相場の4時足チャートを分析してみましょう。相場はトリプルボトムの安値1.05167から上げ向きトレンドチャネルに推移。RSI-Bars指数はトリプルボトムの安値を確認。抵抗線は1.08509や1.08934などにある。

10
以上
パートナーシップ トラスト コンビニエンス

ポートフォリオ取引法 合併商品は 自由自在にお作り可能
当社のみご提供!




なぜアイエフシー?