テクニカル分析 USDCAD : 2015-03-25

  • テクニカル分析を表示:
  • 昨日
  • 三日間
  • 一週間
  • 一ヶ月間
  • 全部

2ヶ月間のレンジトレードの終了

昨日米国におけるCPIデータが公表され、それが上昇していました。理論的にはCPIがあがっていることは金利引き上げの可能性を上げます。従って今日ドルの下落は止めましたが、我々はそのトレンドまだ続くと考えています。USD/CAD通貨ペアをみてみましょう。カナダのGDP(YoY)第4四半期には2.4%上昇し、Core CPIは0.6%上昇しています。米国の国内総生産(Q4)は金曜日に公表され、2.4%の上昇が予想されています。昨日のCPIデータは米国のCPIは2月に0.2%上昇したこと示しました。金利の違いの影響でカナダドルがまだ上昇すると我々は信じています。今日はカナダにおける主な経済データはなく、米国における経済データが相場を動かすことになります。

USD/CAD

USD/CADはD1チャートでもう2ヶ月間レンジトレードになっています。現在それがParabolicとDonchianチャネルの下方境界のほうに落ちています。RSI barsは今50以下で弱気のダイバージェンスを示しています。USD/CADは移動平均から上のほうにずれています。相場が1.2387にあるドンチャンサポートとフラクタルローを下回るともっと弱気の勢いがでると考えられます。従って、このレベルで売りの逆指値注文を設定できます。ロスカットはドンチャンチャンネルとフラクタルローの真中のサポートライン1.2564に設定できます。オーダー開封後、ストップロスは各四時間に次のフラクタルロー近くのパラボリック値に移動しましょう。そこで、決済レベルを損益分岐点に変更します。

ポジションSell
Sell stop1,2387
Stop loss1,2564

テクニカル分析による取引戦略の詳しい情報は>こちらにクリックください。


【重要な注意事項】

本レポートは、当社の親会社であるアイエフシーマーケットが作成したものの邦訳です。本レポートには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本レポートは、アイエフシーマーケットが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。)を被った場合でも、一切の責任を負いません。

10
以上
パートナーシップ トラスト コンビニエンス

ポートフォリオ取引法 合併商品は 自由自在にお作り可能
当社のみご提供!




なぜアイエフシー?