テクニカル分析 USDJPY : 2015-02-10

  • テクニカル分析を表示:
  • 昨日
  • 三日間
  • 一週間
  • 一ヶ月間
  • 全部

トレンドの続き

USD/JPYペアのH4チャートを分析して見ましょう。今日は日本におけるマイナーな経済情報が公表されましたが、ネガティブな数値でした。第4四半期住宅ローンと産業指数予想より低かったです。今週日本から主な経済データはありませんが今日CET15:00時に米国におけるWholesale Inventoriesが公表されます。予想はニュートラルです。数値が予想より大きく異なる場合は相場がは急激に反応する可能性があります。

USD/JPY

USD/JPYH4チャートは構成された三角を植えまわった。しかし、それから少し下に落ち、ブラッグパターンを構成している。それにもとづい、上にトレンドがまだ続く可能性があります。RSI-Bars oscillatorもにいたような数値を表示し、その確認をしています。最近のRSIバーは50以下に落ちていません。それが“bullish”サインなのでまた円安につながると思います。今日でる工業生産のデータによりそのトレンドが変わる可能性もあります。保守的なトレーダーはそのデータが出るまで待つことをお勧めいたします。しかし、フラクタルレジスタンスの119.216レベルを上回ると強気の勢いが始まることに注意してください。その上に買いのペンディングオーダーをおくことお勧めいたします。ストップロスはパラボリック値で確認されている117.777で設定しましょう。この線がサポートラインと考えられます。オーダー開封後、ストップロスは各四時間に次のフラクタルロー近くのパラボリック値に移動されましょう。そこで、分岐点にありそうな利益/損失率を変更している。

ポジション買い
Buy stop119,216
Stop loss117,777


【重要な注意事項】

本レポートは、当社の親会社であるアイエフシーマーケットが作成したものの邦訳です。本レポートには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本レポートは、アイエフシーマーケットが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。)を被った場合でも、一切の責任を負いません。

10
以上
パートナーシップ トラスト コンビニエンス

ポートフォリオ取引法 合併商品は 自由自在にお作り可能
当社のみご提供!




なぜアイエフシー?